iPhone7を楽天モバイルで持つと得なのか?比較してみた!

iPhone7を楽天モバイルで持つと得なのか?比較してみた。

2016年9月16日いよいよiPhone7が発売されます!

 

今度のiPhoneも魅力的なパワーアップが目白押しですね。

 

  • 防沫性能と耐水機性能
  • さらに進化したカメラ
  • Apple Pay

などなど新しい機能が追加され、今回のiPhone7使ってみたい度がパワーアップしてます!

 

こんなiPhone7楽天モバイルで持つのと、キャリアメーカーで持つのとどちらが特になるのか比較してみました。

ここで計算する料金プランは24時間国内通話が1回5分以内かけ放題。データ定額5GBで計算します。

 

NTTドコモでiPhone7を持つと

 

iPhone 7へMNP/新規/機種変更(Xi→Xi)/契約変更(FOMA→Xi)の場合

  32GB 128GB 256GB

分割支払金(24回)
(支払い総額)

 3,429円/月
(82,296円)

3,915円/月
(93,960円)

4,401円/月
(105,624円)

月々サポート
(24か月)

-2,322円/月
(-55,728円)

 -2,322円/月
(-55,728円)

-2,322円/月
(-55,728円)

実質負担額
(総額)

1,107円/月
(26,568円)

 1,593円/月
(38,232円)

 2,079円/月
(49,896円)

 

カケホダイライトプラン(2年定額) 1,700円
データMパック(5GB)5,000円
SPモード300円
合計(税込み) 7,560円

 

2年間持つといくらになる?
  • 32GBを2年間(24ヶ月)持つと、208,008円
  • 128GBを2年間(24ヶ月)持つと、219,672円
  • 256GBを2年間(24ヶ月)持つと、231,336円

iPhone7用のプランが発表される前に個人で計算したデータです。

 

auでiPhone7を持つと

 

機種変更の場合

 

  32GB 128GB 256GB

分割支払金(24回)
(支払い総額)

3300円/月
(79,200円)

3780円/月
(90,720円)

4,275円/月
(102,600円)

毎月割
(24か月)

−2445円/月
(58,680円)

−2445円/月
(58,680円)

−2445円/月
(58,680円)

実質負担額
(総額)

855円/月
(20,520円)

1,355円/月
(32,040円)

1830円/月
(43,920円)

※新規契約・NMPの場合は毎月割が−2850円×24回になります。機種変更よりも9,720円得になります。

 

スーパーカケホ(2年定額):1,700円
データ定額5(5GB):5,000円
LTE NET:300円
合計(税込み) 7,560円

 

2年間持つといくらになる?
  • 32GBを2年間(24ヶ月)持つと、 201,960円
  • 128GBを2年間(24ヶ月)持つと、213,960円
  • 256GBを2年間(24ヶ月)持つと、225,360円

 

SoftBankでiPhone7を持つと

 

機種変更の場合

 

  32GB 128GB 256GB

分割支払金(24回)
(支払い総額)

3,670円/月
(88,080円)

4,160円/月
(99,840円)

4,660円/月
(111,840円)

月月割
(24か月)

−2,815円/月
(−67,560円)

−2,825円/月
(−67,800円)

−2,830円/月
(−67,920円)

実質負担額
(総額)

855円/月
(20,520円)

1335円/月
(32,040円)

1830円/月
(43,920円)

 

通話定額ライト(2年定額):1,700円
データ定額 5GB:5,000円
LTE NET:300円
合計(税込み) 7,560円

 

2年間持つといくらになる?
  • 32GBを2年間(24ヶ月)持つと、201,960円
  • 128GBを2年間(24ヶ月)持つと、213,960円
  • 256GBを2年間(24ヶ月)持つと、225,360円

楽天モバイルでiPhone7を持つと

楽天モバイルでもiPhone7は使うことができます。楽天モバイルで使う場合は、アップルショップでiPhone7を購入することになります。

 

アップルショップでの購入価格は以下のとおりです。

 

iPhone7の税込価格

  • 32GB   78,624円
  • 128GB   90,504円
  • 256GB   102,384円

 

楽天モバイルでは、月月割りなどの要素はないので、端末代は全額支払うことになります。

 

アップルショップで購入しても分割購入することはできますが、12回まではAppleが分割手数料を負担してくれますが、それ以降は、手数料がかかってしまいます。

 

楽天モバイルで使うのならできれば一括で支払うことをおすすめしますし、分割にするにしても12回までが得になります。

 

料金プランと24ヶ月料金は?

 

通話SIM 5GBプラン 2,150円/月
5分間かけ放題オプション 850円/月
月々使用料 3,240円(税込み)

 

  • 32GBを2年間(24ヶ月)持つと、156,384円
  • 128GBを2年間(24ヶ月)持つと、168,264円
  • 256GBを2年間(24ヶ月)持つと、180,144円

iPhone7の4社を比較する

それでは、iPhone7の4社をまとめてみましょう!

 

24ヶ月(月払い)での支払い比較

  32GB 128GB 256GB
NTTドコモ

208,008円
(8,667円/月)

219,672円
(9,153円/月)

231,336円
(9,639円/月)

au

201,960円
(8,415円/月)

213,960円
(8,915円/月)

225,360円
(9,390円/月)

SoftBank

201,960円
(8,415円/月)

213,960円
(8,915円/月)

225,360円
(9,390円/月)

楽天モバイル

156,384円
(6,516円/月)

168,264円
(7,011円/月)

180,144円
(7,506円/月)

 

キャリアメーカーはネットとまとめると料金がお得になるなどのサービスもあるので、細かく料金を見て行く時は、各キャリアメーカーの料金シュミレーションを使って計算してみてください!

 

結果的に最も料金的に得なのは、月月割などのサービスがなくても、楽天モバイルが1番安くiPhone7を使えるということがわかりました。

 

キャリアメーカーには下取りがありますが、アップルストアでも、今まで使っていたiPhoneの割引サービスがあります。

 

なので、これまでiPhoneを使っていて、下取りに出してiPhoneを持ちかえたいっていう場合でも、アップルストアの利用はOKです。

 

どれぐらいで下取ってくれるの…。
  • iPhone 4、4s最大2,000円
  • iPhone 5、5c、5s最大10,000円
  • iPhone 6最大24,000円
  • iPhone 6 Plus最大30,000円

端末の状態で料金は異なってきますが、iPhone5で最大額の割引がでたら結構大きですね!

楽天モバイルでiPhone7を使うメリット

 

楽天モバイルで iPhone7を使うとNTTドコモの回線を割安で使うとができるので、通信エリアが、ドコモのエリアになるのでエリアの問題はありません。

 

通信速度が遅いというデメリットが1番大きいですね…。

 

ただ、通話をする場合は月額無料の楽天でんわを使うと、5分間のかけ放題オプションで5分を超えたとしても、通話料は30秒/10円なので、キャリアメーカーとくらべてもかなり安いです。

 

楽天モバイルでiPhone7を使うメリットは『NTTドコモの回線が使える』・『月額使用料が安い』・『通話料が安い

 

この3つですね。

 

iPhone7をなるべく安く使いたい!って言う人は楽天モバイルがおすすめです。

 

iPhoneSEで楽天モバイルを使うという方法もあり!

iPhone7が出るタイミングでiPhoneSEが値下げになっているんです。

 

iPhoneSEの価格値下がりは次のとおりです。

  旧価格 新価格
iPhoneSE 16GB 47,800円 44,800円(48,384円)
iPhoneSE 64GB 59,800円 49,800円(53,784円)

iPhoneSEの64GBが税抜き価格では5万円を切っています。

 

楽天モバイルなどの格安スマホでiPhoneを使いたいっていう時にもかなり買いやすくなっています。

 

2年間(24ヶ月)楽天モバイルを利用したら、こんな感じの値段になります。

 

  • 5GB通話プラン 2,150円
  • 5分間かけ放題オプション 850円

 

1ヶ月の楽天モバイル利用料は税込み3,240円になります。

 

なので、24ヶ月楽天モバイルでiPhoneSE64GBを使ったとすると、131,544円で月々5,481円で使える計算になります。

 

楽天モバイルで用意されている端末の上位機種、例えば『AQUOS mini SH-M03』であれば、iPhoneSEと同じ49,800円になります。

 

iPhoneをもつのもAndroidを持つのも全く同じ値段になるんです。なので、iPhone7でなくても、iPhoneSEをこのタイミングに持つことは、初めてiPhoneを持つ人にとっては最高の組み合わせになります。

 

iPhoneSEってどんな機種?

 

iPhoneSEはiPhone6sの画面を小さくしただけっていう機種になります。

 

厳密にいうと、iPhoneSEは3Dtouchに対応していなかったり、指紋認証が第一世代だったり気圧計がついていなかったりするんですが、ほぼiPhone6sと機能は変わりないんです。

 

しかも4インチという画面の大きさは絶妙で、女性にとってはすごく持ちやすいサイズになります。
持ちやすければ落としにくいですし、操作も片手でOKです。

 

iPhoneSEは廉価版というわけじゃないんですよ。画面の大きさよりも使い安さを重視した仕様になっているわけです。

 

それが、49,800円でもてるわけですから、かなりお買い得っていうことになります。

 

なので、iPhone7じゃなくてもいいけど、格安でiPhoneを持ちたいという人は、今はiPhoneSEが1番のおすすめになります。