楽天モバイルの格安スマホで節約

楽天モバイルとは

楽天モバイルはMVNOと呼ばれる事業形態をとる通信会社の1つです。

 

楽天モバイルの場合はドコモの回線を利用して、スマホのサービスを提供している会社になります。

 

なので、通話・通信エリアはドコモと同じになり、日本で持つには安心の通話・通信エリアになります。

 

そして、格安の利用料金で利用することができます

 

それでは、楽天モバイルのおすすめポイントをどんどん紹介していきましょう!

楽天モバイルの月々の使用料金は

まずは、楽天モバイルの月額使用料を見ていきましょう!

 

 

データSIM

通話SIM

 

通信速度

 

SMSなし SMSあり
ベーシック

525円

645円

1250円

200kbps
3.1GBプラン

900円

1,020円

1,600円

 

下り最大:
      225Mbps
上り最大:
       50Mbps

 

5GBプラン

1,450円

1,570円

2,150円

10GBプラン

2,260円

2,380円

2,960円

データSIMと通話SIMの違い

まずは基本的なデータSIMと通話SIMの違いについて知っておきましょう!間違ったSIMで契約をすると意味がなくなってしまいます。

 

データSIM

データSIMというのは、データ通信(インターネット・メール・LINEなど)のみで通話ができません。LINEやSkypeなどを使っては無料通話をすることができるので、携帯と2台も持ちする人や通話は必要がないという人はデータ通信プランでOKです。

 

通話SIM

ドコモやAUなどのキャリアと同じように1台のスマホで音声通話もデータ通信も使いたいという人は通話SIMを選ぶようにしましょう!

 

ベーシックプラン

ベーシックプランでは価格的にはかなり安くなりますが、通信速度が200kbpsとかなり遅いので、あまりおすすめできるプランではありません。

 

ほとんどメールやラインだけで、ネットでもほとんど文字しか見ないという人が使用するレベルです。

 

写真などの送受信もそんなにしないし、動画をみることはない。とりあえず格安でスマホが持ちたいという人におすすめです。

 

おすすめのプラン

おすすめのプランは3.1GBプランになります。動画を見まくる人でなければ、必要十分なプランです。

 

家でWi-Fiを使ったインタネットを利用できる人は家でWi-Fiを使っていれば、容量が足りないということは少ないです。

 

音声SIMを使っても月額1,600円ですし、通信速度も下り最大225Mbpsなので理論上での通信速度も問題ありません。

 

超ヘビーユーザーでなければ3.1GBプラン一択です。

楽天モバイルではどのようなスマホ機種が使える?

格安スマホを使う時に気になるのがスマホの機種ですよね。

 

楽天モバイルで用意されているスマホの機種は最新機種と比べると若干性能が落ちるものがあったり、機能が限定されているものもありますが、だからといって、こんな機種は使えない!というものではありません。

 

普通に使うには必要十分な性能を兼ね備えています。楽天モバイルが発売している機種の一覧を上げておきましょう

 

楽天モバイルで販売している機種と料金一覧

機種 メーカー 価格(一括) 価格(分割24回)
AQUOS SH-RM02 シャープ 39,800円 1,791円
arrows RM02/M02 富士通 29,800円 1,341円
Desire 626 HTC 27,800円 1,251円
Liquid Z330 Aser 12,000円 540円
honor6 Plus Huawei 45,800円 2,061円
Mate S Huawei 79,800円 3,59円
Xperia J1 Compact Sony 54,800円 2,466円
ZenFone 2 Laser ASUS 22,800円 1,026円
Zenfone Selfie ASUS 37,800円 1,701円
ZenFone 2(ZE551ML) ASUS

16GB(2GB)  32,800円
32GB(2GB)  35,800円
32GB(4GB)    45,800円
64GB (4GB) 50,800円

1,476円
1,611円
2,061円
2,286円

P8 lite Huawei 28,600円 1,287円

楽天モバイルで販売されているのは日本のメーカーや台湾・中国で作られたものになります。

 

日本のスマホで代表的な富士通・シャープ・SONYを選んでも、ワンセグなど日本メーカー独特の機能が省かれているので性能の詳細を調べておくことが大切です。

 

楽天モバイルで販売しているものではなくても、AppleでSIMフリーのiPhoneを購入して使うこともできますし、NTTドコモの端末であれば、シムロックされていても使うことができるので、中古のスマホを購入して使うのもありです。

楽天モバイルのここがおすすめポイント

楽天モバイルのおすすめポイントは色々ありますが、格安スマホの中でもおすすめな理由は2つあります。

 

  • 楽天でんわを使うと通話料が安い!
  • 月々850円で5分間の通話かけ放題のオプションがある
  • キャリアメール@rakuten.jpを持つことができる

この3点が楽天モバイルのおすすめポイントになりますね。

 

従来の格安スマホはかけ放題サービスなどがあまりなかったのですが、楽天モバイルにはかけ放題サービスがあり、それを合わせたとしてもかなりお得な料金です。

楽天モバイルはキャリアメーカーとくらべてどれぐらいお得?

楽天モバイルが安い!というのは5分間の通話定額を含めてもキャリアメーカーと比べるとかなりお得になります。

 

NTTドコモ 

NTTドコモで次のプランで使うと月々の利用料金はこのようになります。

  • カケホーダイライトプラン(5分以内の通話かけ放題)
  • データプランM(データ通信量5GB)

蒸気のプランを利用するとドコモでかかるお金は月々7,560円です。もちろん2年縛りありです。

 

*ドコモホームページの料金シミュレーターにて計算

 

楽天モバイル

楽天モバイルでは次のようになります。

 

通話SIM3.1GBプラン  1,600円
5分かけ放題オプション 850円

 

月々の利用料金は合計で2,450円(税抜)です。 純粋に料金を比べると月々に約5,000円もお得になります。
キャリアメーカーと同じ5GBプランを選択したとしても、楽天モバイルでは月額3,000円となり、月々約4,000もお得になるのです。

 

楽天モバイルがキャリアメーカーと比べると月々の利用料金がお得なのがわかりますね!

楽天モバイルのデメリットは

楽天モバイルは安い!とかなり押していますが、もちろんデメリットもあります。そのあたりも知って置いたほうがいいので、紹介しておきます。

 

通信速度がキャリアメーカーと比べると遅い

 

楽天モバイルはドコモの通信網を借りて運営している形になります。なので、回線が込み合いだすと、格安スマホの場合は速度制限がかかります。

 

特に回線が混みあう場所で混みあう時間帯になると、速度が落ちたなと感じることがあります。

 

ショップの数が少ない

 

楽天モバイルは全国にショップを作ってはいますが、キャリアメーカーと比べるとその数は少ないです。何かトラブルがあった時に、近くにショップがあればいいですが、なければ、電話やメールでの対応になります。

 

故障などはどうしようもないですが、設定に関する部分は、説明書やネットなどを使ってある程度自分でできたほうがいいかもしれません。

 

不安な人は楽天モバイルのホームページで店舗が近くにあるかどうか確認しておくといいです。

まとめ

楽天モバイルの格安スマホは、節約するのにかなりおすすめです。

 

5分間のかけ放題もありますし、楽天でんわを使えば通話料も格安になります。料金で言うと圧倒的にお得になります。

 

通信速度が速くないと絶対ダメ!サポートが超充実していないとダメ!という人にはあまりお薦めはできませんが、料金のことを考えるとキャリアメーカーで契約するのは馬鹿らしくなりますよ。

 

キャリアメーカーは2年縛りがあって安い料金を提供していますが、楽天モバイルの場合は、通話SIMの場合最初の1年だけ使えば、後は解約料金をとられることもありません。

 

また、月々の利用プランも簡単に変更することができるので、気軽に使うことができます。

 

利用料金を少しでも節約したいのなら、楽天モバイルで決まりです!

 

 

楽天モバイルで節約