1. TOP
  2. 未分類
  3. 楽天モバイルと契約!申込み方法は簡単。手順はこちら

楽天モバイルと契約!申込み方法は簡単。手順はこちら

未分類
この記事は約 7 分で読めます。 233 Views

楽天モバイルは実店舗もあるので、店舗での契約でもいいですが、ネットを使って申し込み、契約をすれば自宅にいながら簡単に楽天モバイルを使うことができます。

ただ、インタネットを使って申し込みってどうしたらいいのかわからない…。ちゃんと楽天モバイルと契約できているか不安‥。という人に向けてインタネットを使った楽天モバイルとの契約方法を紹介します。

楽天モバイルの申し込みの方法はどうしたらいい?ネットで申し込む手順

楽天モバイルのウェブサイトに行くと、申し込みボタンが目立つところのあちこちにあるので、申し込みボタンをクリックします。

楽天モバイルに申し込むために必要な書類を準備する

申し込みボタンをクリックすると、最初に楽天モバイルと契約をするために必要な書類が表示されます。

まずは楽天モバイルに申し込む時に必要なものを用意しておきます。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 楽天会員のユーザーIDとパスワード
  • MNPの予約番号(他社からの乗り換えで番号そのままで利用する場合)
  • 本人名義のクレジットカード(持ってない人は楽天カードがおすすめ)

支払いをするためにクレジットカードや金融機関の口座引落が選択できます。口座引落の場合手数料が100円かかるので、クレジットカード決済がおすすめです。

特に楽天カードを使うとポイントを貯めるのに得するので、楽天カードがいいですよ。

楽天会員は無料で登録することができるので、登録しておいてください。スーパーホウダイで契約する場合は楽天会員になっていなければ、1年間1,000円OFFになりません。

楽天モバイルに申し込みをスタート

申し込みに必要な物を揃えたら申込みを開始します。

今すくWebでお申し込みをクリックします。

お申込みタイプを選びます。

楽天モバイルを初めて利用して端末も一緒に購入する人は、『端末+SIMセット』を選びます。

もし、これまでNTTdocomoを使っていて、スマホの本体を使い回す場合、もしくは他でスマホの本体を購入する場合は『SIMのみ』を選びます。

今回は、端末+SIMセットの例で説明していきます。

※ちなみにSIMというのは、電話番号など通信や通話をするために必要なカードのことです。SIMをスマホに挿れる事で使うことができるようになります。

楽天モバイルから販売されているスマホの中から欲しいものを選びます。

好きなスマホを選んだら端末補償オプションを選びます。

端末補償というのは、自然故障だけではなく、トイレに落として水没させたり、手が滑ってスマホ本体を落下させた時などによる破損があった場合、端末の交換をしてくれるというサービスです。

ただし、スマホの機種によって、4000円~7000円の自己負担金が発生します。

端末補償はスマホ購入時のみ申し込むことができるので、高額のスマホを購入して、過去にスマホを落としたことがあれば、端末補償をつけておいた方がいいでしょう。月500円の料金が発生します。

また、あんしんリモートサポートはスマホの操作方法や設定方法、LINEやFacebookなどのアプリの使い方でわからないことがあった時に操作方法などを電話で教えてくれます。

複雑な操作が必要な場合は遠隔で操作して設定などをサポートしてくれるので、難しい操作でも安心して設定することができます。

あんしんリモートサポートパックだけを申し込めば月500円かかりますが、スマホ購入時に端末補償とあんしんリモートサポートに同時加入することで月800円で通常より200円安く使えます。

スマホ初心者で不安だというひとは、あんしんリモートサポートに申し込んでおくといいですね。スマホにある程度慣れているなら、補償しないというのもありです。

端末補償を選択したらSIMタイプを選択します。

今回は1台持ちを想定しているので、通話SIMを選んでおけばいいです。

続いて料金プランを選びます。オススメの料金プランは『楽天モバイルに乗り換える時におすすめのプランは?』で書いていますので、ご参照ください。

スーパーホウダイの場合はこの中から選びます。

組み合わせプランの中から選びたい場合は、組み合わせプラン表示をクリックすると、組み合わせプランの一覧が表示されます。

最低利用期間を選びます。しばらく楽天モバイルから変えないっていう人は2年・3年を選んでおくとキャッシュバックを受けることができるので、2年・3年をおすすめしますが、2・3年を選んだ場合、期間内に解約すると高い解約手数料がとられます。

よくわからんからとりあえず使ってみるという方は1年でいいですよ。(1年の場合でも1年以内の解約は手数料がとられます)

最低利用期間を選んだらカラー選択へすすみます。

上部には色々と表示されていますが、これまで選択してきた結果が表示されているだけなので、下方へスクロールさせていきます。

一番下にカラーを選択できるので、好きな色を選んでオプション選択へすすみましょう。

オプションの選択をする

オプションの選択は特に必要な物があれば、選んで選択するだけです。最初に選択したこの2つ

  • 端末補償
  • あんしんリモートサポート

をつけておく人が多いオプションですが、その他はあまり必要ないものがほとんどです。

色々オプションをつけるとせっかく格安スマホを使っても料金が高くなって意味がなくなってしまうので必要最低限なものにしておきましょう。

安い端末を購入したら端末補償に入るのはもったいないぐらいです。

セキュリティーソフトなどのオプションもありますが、200円/月の料金がかかるので、パソコンのセキュリティーソフトと一括で買うほうが安くつきます。

アクセサリー購入を選択する

アクセサリーも必要のものがあれば購入してください。スマホ端末によってはACアダプターが付属してないものがあるので、必要であれば購入して下さい。

また、スマホケースなど別のところで買うのがめんどうであれば、ケースなどを購入してもOKです。

必要なアクセサリーを選んだらお客様情報入力へすすみます。

お客様情報を入力する

楽天会員であれば楽天会員でログインすれば、情報は自動的に入力されます。まだ楽天会員になっていない人は、このページから登録することができます。

また、楽天会員を利用しないで契約することもできます。1番下に小さくかいてあります。

楽天会員のIDとパスワードを入力します。

楽天会員の情報が楽天モバイルに提供されることに関して同意します。同意しなければ、楽天モバイルと契約することができません。

続いて契約の内容について入力をしていきます。携帯番号をそのまま引き継ぐを選ぶ場合はMNPを選択。新しい電話番号で契約する場合は、新規の電話番号を取得するを選びます。

MNPの場合は書く携帯会社に予約番号を取得しておいてください。

続いて楽天でんわのプランを選択肢ます。楽天でんわは通話料を安く使うためのアプリで月額無料で利用することができます。

5分かけ放題を申し込む場合は、楽天でんわプランの選択から選んで下さい。

楽天でんわを使うことで20円/30秒の通話料が10円/30秒で使うことができます。5分かけ放題を使うならば楽天でんわを利用する必要があります。

配送先を決めます。家で受け取れない人はLAWSONでも選ぶことができます。

お支払い方法やクレジットカードの情報などの入力をします。

お客様情報確認へすすみます。

お客様情報の内容と規約を確認して、楽天モバイルの申し込みが完了します。

申し込み完了後、楽天モバイルからメールが届きます。楽天モバイルからのメールに従って、免許証などの書類を登録します。

登録が完了したら、楽天モバイルからスマホが届くので、初期設定をすれば楽天モバイルでスマホを使うことができます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

楽天モバイルで節約の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽天モバイルで節約の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

キャリアメーカーの高いスマホ料金にうんざり…。
スマホですることといえば本を読んだり、ニュースを読んだり、調べ物をするぐらい…。こんなことに毎月8,000円も使ってられない。だから思い切って格安スマホにしたらなんと5,000円も節約できました!無駄なお金を使ってほしくない!そんな思いから格安スマホの情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • iPhone7を楽天モバイルで持つと得なのか?比較してみた。

  • 楽天モバイルでiPhoneも使える!2年持ちでどれぐらいコストが必要?

  • 楽天モバイルと契約!申込み方法は簡単。手順はこちら

  • 楽天モバイルに乗り換える時におすすめのプランは?

関連記事

  • 格安スマホで楽天モバイルがおすすめ!月に3000円節約できた

  • 楽天モバイルに乗り換える時におすすめのプランは?

  • iPhone7を楽天モバイルで持つと得なのか?比較してみた。

  • 楽天モバイルでiPhoneも使える!2年持ちでどれぐらいコストが必要?