1. TOP
  2. 未分類
  3. iPhone7を楽天モバイルで持つと得なのか?比較してみた。

iPhone7を楽天モバイルで持つと得なのか?比較してみた。

未分類
この記事は約 8 分で読めます。 467 Views

iPhone7はiPhone8やiPhoneXの発売で旧型にはなりましたが、

  • 防沫性能と耐水機性能
  • Apple Pay
  • 第二世代の指紋認証

などiPhoneにとって必要な機能は十分に搭載されていて、最新型じゃないとダメっていう人じゃなければ必要十分な機能を搭載しています。

まだまだ、iPhone7でも十分使えるんですが、旧型のiPhoneを持つなら少しでも安く使える方法を知ってお得に使うえるほうがいいですよね!

そこで、格安SIMの楽天モバイルでiPhone7を持つか、キャリアメーカー(ドコモ・au・Softbank)でiPhone7を持つかどちらが得なのか比較しました。

色々なプランがあってややこしいので、ここで計算する料金プランは24時間国内通話が1回5分以内かけ放題。データ定額5GBで計算します。

キャリアメーカーでiPhone7を持つと月額料金と2年間の合計金額はいくらかかる?

NTTドコモでiPhone7を持つと料金は2年でいくらかかる

iPhone 7へMNP/新規/機種変更(Xi→Xi)/契約変更(FOMA→Xi)の場合

カケホーダイライトプラン(2年縛り)データパックM

iPhone7を分割払いで購入した場合

32GB 128GB

分割支払金(24回)
(支払い総額)

 3,429円/月
(82,296円)

3,915円/月
(93,960円)

月々サポート
(24か月)

-2,997円/月
(-71,928円)

 -2,997円/月
(-71,928円)

実質負担額
(総額)

432円/月
(10,368円)

 918円/月
(22,032円)

ドコモの月々の利用料金

カケホダイライトプラン(2年定額) 1,700円
データMパック(5GB)5,000円
SPモード300円
合計(税込み) 7,560円

ドコモでiPhone7を2年間持つといくらになる?
  • 32GBを2年間(24ヶ月)持つと、191,808
  • 128GBを2年間(24ヶ月)持つと、203,472

料金の計算はドコモの料金シミュレーションを使っています。

auでiPhone7を持つと月額料金はいくらかかる?

auは料金プランが複雑で安くしようと思えば、料金を安くすることができるんですが、2年後に機種変更をしないといけない等条件が多いです。

アップグレードプログラムが機種変更の約束で割引するサービスです。ずっとauを持ち続けたる人でしかも、2年毎に絶対に機種変更する人にしか適応しないので、この割引は適応せずに考えます。

機種変更の場合iPhone7を分割払いで持つと

32GB 128GB

分割支払金(24回)
(支払い総額)

2,700円/月
(64,800円)

3,180円/月
(76,320円)

スーパーカケホ(2年定額)(5GBを利用した場合):6,480円
ビッグニュースキャンペーン:1年間1,000円引き
合計 6,480円(1年目5,480円)

月額の合計は、iPhone7 32GBが9,180円・iPhone7 128GBが9,660円

2年間持つといくらになる?

  • 32GBを2年間(24ヶ月)持つと、 208,320円
  • 128GBを2年間(24ヶ月)持つと、219,840円

SoftBankでiPhone7を持つと月額料金はいくらかかる

機種変更の場合

32GB 128GB

分割支払金(24回)
(支払い総額)

3,660円/月
(88,080円)

4,140円/月
(99,360円)

月月割
(24か月)

-2,805円/月
(-67,320円)

-2,805円/月
(-67,320円)

実質負担額
(総額)

855円/月
(20,520円)

1335円/月
(32,040円)

スマ放題ライト(2年定額):2,160円
データ定額 5GB:5,400円
合計 7,560円

2年間持つといくらになる?

  • 32GBを2年間(24ヶ月)持つと、201,960円
  • 128GBを2年間(24ヶ月)持つと、213,960円

格安スマホ!楽天モバイルでiPhone7を持つと月額料金はどれぐらいかかる

格安スマホ各社では比較的新しいiPhoneの販売はありませんが、それぞれの格安スマホ各社でも、もちろん楽天モバイルでもiPhone7を使うことができます。

しかし、楽天モバイルでiPhone7の販売は行われていないので、Apple StoreでiPhone7を購入するか、中古ショップなどでiPhone7を購入する必要があります。

アップルストアでiPhone7を買うといくらかかる?

アップルストアでの購入価格は以下のとおりです。

iPhone7 32GB  61,800円(66,744)
iPhone7 128GB  72,800円(78,624)
iPhone7 Plus  32GB  74,800円(80,784)
iPhone7 Plus 128GB   85,800円(92,664)

Apple StoreでiPhone7を購入する場合は、一括払いで支払うか、手数料を支払って分割払いにするかのどちらかです。

キャリアメーカーのように、月月割など端末に対しての割引はありません。

Appleのキャンペーンで12ヶ月分割手数料無料での支払いをすることができる場合もあるので、分割払いじゃないと払えない場合は、分割手数料無料の時期を狙って購入することがおすすめです。

楽天モバイルの料金プランは

楽天モバイルの料金プランは2通りあり、『スーパーホウダイ』と『組み合わせプラン』があります。

スーパーホウダイは通話と高速データ通信がセットになったプランです。組み合わせプランは必要に応じて通話5分間などをオプションで選択していきます。

今回は、高速データ通信5GBで比較しているので、『スーパーホウダイ』のプランMで2年間の料金を提示します。

楽天モバイルのスーパーホウダイは、

  • 5分間国内通話かけ放題
  • 高速データ通信6GB
  • 高速データ通信を使い切っても、制限速度は1Mbps(ただし条件あり)

利用料金は1年目2,980円、2年目以降は3,980円です。

iPhone7をアップルストアで購入して、2年間iPhone7を楽天モバイルで持つと

  • iPhone7 (32GB):145,320円。
  • iPhone7 (128GB):156,320円

iPhone7の4社を比較する

それでは、iPhone7の各社4社の利用料金を比較してみます。2年間の合計支払額で計算します。

32GB 128GB
NTTドコモ

191,808円
(7,992円/月)

203,472円
(8,478円/月)

au

208,320円
(8,680円/月)

219,840円
(9,160円/月)

SoftBank

201,960円
(8,415円/月)

213,960円
(8,915円/月)

楽天モバイル

145,320円
(6,055円/月)

156,320円
(6,513円/月)

各社家族でパケットを分け合ったりするプランがあったり、家族割りがあったり、同じ会社でネットをまとめると割引とか色々あるので、料金は多少安くしようと思えばできます。

ただ、同じ条件で比較した時は、キャリアメーカーでiPhone7を持つのに比べると、楽天モバイルがダントツで安い事がわかります。

月額2,000円前後の節約が可能です。

楽天モバイルでiPhone7を持つメリットとデメリット

楽天モバイルでiPhone7を使うメリット

スマホ料金が節約できる

楽天モバイルでiPhone7をもつ最大のメリットは月額料金を安く済ますことができるということです。通信費は月々の支払い料金の中でも大きな割合をしめるので、楽天モバイルを持つことでかなり節約ができます。

また、長期優待を使わなければ、1年間楽天モバイルを使えば、その後はいつ楽天モバイルを解約しても、解約手数料はとられません。

回線はドコモなのでエリアの心配はなし

楽天モバイルはNTTドコモの回線を利用しているので、通信エリアはドコモと同じです

楽天モバイルでiPhone7を使うデメリット

通信速度が遅い

楽天モバイルでも高速データ通信はできますが、ドコモなどのキャリアメーカーと比べると速度が遅くなります。

しかも、お昼・夕方の通信が集中する時間は速度制限を受けます。

速度制限を受けた時間帯に使うと、遅い感をかなり味わいます。動画をみたりするのは少し時間がかかる可能性が高いです。

 

楽天モバイルは、通信速度が遅いという欠点はありますが、月額料金をかなり節約することができます。少しでも安くiPhoneを持つにはiPhone7を楽天モバイルがおすすめです!

 

楽天モバイルの申し込み

\ SNSでシェアしよう! /

楽天モバイルで節約の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽天モバイルで節約の人気記事をお届けします。

ライター紹介 ライター一覧

ケンイチ

キャリアメーカーの高いスマホ料金にうんざり…。
スマホですることといえば本を読んだり、ニュースを読んだり、調べ物をするぐらい…。こんなことに毎月8,000円も使ってられない。だから思い切って格安スマホにしたらなんと5,000円も節約できました!無駄なお金を使ってほしくない!そんな思いから格安スマホの情報を発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

関連記事