楽天モバイルの格安スマホで節約

楽天モバイルでiPhone6sを使うとお得なのか?比較してみると

格安スマホで月々のスマホの利用料を節約しようと思っている人は多いですよね!

 

普通に使う程度であれば格安スマホで不便さを感じることはあまりないですし、月々の通信料もかなり節約できるので格安スマホはかなりいいのですが、気になるのは使える機種ですよね。

 

楽天モバイルで用意されている端末はいろいろありますが、やっぱりiPhoneを使いたいという人もいるはずです。

 

楽天モバイルでもSIMフリー端末を使えばiPhoneを使うことはできるのですが、iPhoneを利用してお得なのかどうかが気になるところですよね。

 

キャリアメーカーでiPhoneを買うと月々の利用料金は高くても、iPhone本体にかかる割引が受けられるなどのメリットがありますよね。

 

そこで、iPhone6sをキャリアメーカーと楽天モバイルで利用する場合どちらが得なのか比較してみます。

 

今回はiPhone6sの中でも64GBモデルで比較してみましょう!

 

料金については各キャリアメーカーのホームーページの料金シュミレーションを利用して計算しています。

楽天モバイルでiPhone6sを使用した場合

楽天モバイルでなるべく安く利用するプラン3.1GBプランで月々にかかる料金を計算してみましょう!

 

プラン 料金
楽天モバイル3.1GBプラン 1600円(税込1728円)
5分かけ放題オプション  850円(税込み918円)
合計 2450円(税込み2646円)

 

次に本体料金ですね! iPhone6s 64GB 98,800円(106,704円)かかります。

 

本体一括で支払う人が無理な人はAppleのローンを利用する事ができます。2016年6月30日までは24回まで金利手数料がかからないので、初回5,504円2回目以降4,400円になります。(オリコクレジットシュミレーションで計算)

 

 

この結果、楽天モバイルの利用料が月々2646円でiPhoneが4400円なので、楽天モバイルでは月々7,046円でiPhone6sを使えます。

 

そして、このプランで使えるのは月々のパケット通信料は3.1GBで、国内通話5分以内であればかけ放題になります。

DocomoでiPhone6sを使用した場合

ドコモの場合はU25割があるので年齢によって、価格やパケット通信料は違いますが、今回は年齢割引を考慮せずに計算します。

 

プランと機種代

金額

カケホーダイプラン(2年縛り)

2,700円

データSパック(2GB)

3,500円

SPモード利用料

300円

iPhone6s

(税込み)4158円

月々サポート (端末割引24ヶ月)

−2,538円

合計

(税込)8,640円

 

ドコモの携帯電話の月々の使用料は 6,500円(税込7,020円)です。月々の使用料は高いのですが、端末料金の割引が大きいので8,640円で使うことができます。

 

ドコモの場合はかけ放題は国内通話時間無制限でかけ放題で、パケット通信料はiPhoneのパケットボーナスがつくので3GB利用することができます。

auでiPhone6sを使用した場合

ドコモと同じく年齢による割引は計算していません。

 

プランと機種代

料金

スーパーカケホ(2年縛り)

1,700円

LTE NET

300円

データ定額3(3GB)

4,200円

iPhone6s

(税込)4,045円

月々サポート

−2,840円

合計

(税込)7,901円

 

AUの基本使用料は月々 6,200円(6,696円)になります。端末代を入れて7,901円になりますね。

 

かけ放題は国内通話5分以内であればかけ放題。パケット通信料は3GBになります。楽天モバイルとほぼ一緒ですね!

SoftBankでiPhone6sを使用した場合

これまでと同じく学生割などは適応せずに計算しています。

 

プランと機種代

料金

通話し放題プラン

2,700円

S!ベーシックパック(i)

300円

データ定額パック2GB

3,500円

iPhone6s

4,440円

月々サポート (24ヶ月)

−3,235円

合計

(税込)8,225円

 

SoftBankの場合は月々の利用料金は合計 6,500円(7,020円)です。そして端末代を含めると8,225円になります。(新規契約の場合はギガ学割が適用され1年間は6,605円)

 

かけ放題は国内通話時間無制限でかけ放題でパケット通信料はパケット通信料は2GBです。

楽天モバイルとキャリアメーカーを比較してみる

すべてのメーカーの利用料金が出たところで、利用料金を比べてみましょう!

  楽天モバイル ドコモ au SoftBank
通話し放題 5分以内 時間無制限 5分以内 時間無制限
パケット通信料  3.1GB 3GB 3GB 2GB
2年間利用料金 170,208円 207,360円 189,624円 177,960円

 

それぞれのメーカーでの計算はなるべく安く利用できるするための料金で計算しています。

 

楽天モバイルが1番最安で使えることにはなりますが、キャリアメーカーの最安SoftBankと比べると、7,752円しかお得になっていません。

 

パケット通信料や通話時間などを考慮すると楽天モバイルそれほど得とはいえないのかもしれません。

 

端末代の割引がやはり大きいですね。

 

楽天モバイルは通信速度的にも不利になるので、端末料金を含めるとそれほど得とは言えません。キャリアメーカーの場合は年齢割引もあるのでさらに利用料金が安くなる事が考えられるので、年齢割引が使えたら楽天モバイルがいいとはいえませんね。

 

楽天モバイルを選ぶメリットとしては12ヶ月間解約すると解約金が発生しますが、2年縛りがないということ。端末代を考えなければ月々の利用料金がかなり安いということですね。

 

最安で使えるのは間違いないので楽天モバイルという選択肢はもちろんありですが、端末代の割引も考慮に入れてみてください。

 

 

楽天モバイルで節約