楽天モバイル VS Yモバイルnoコミコミプラン対決

楽天モバイルとYモバイルのコミコミプラン対決!どちらがお得?

Yモバイルがコミコミプランで1980円プランを打ち出してお得感がでています。

 

CMでこの値段をみるとYモバイルに惹かれてYモバイルで決定という人もいるかもしれませんが、ちょっと冷静になってくださいね。

 

実は楽天モバイルにもコミコミプランが登場してそれもYモバイルよりもわずかに安い値段で使うことができるんです。

 

そこで、楽天モバイルとYモバイルのコミコミプランを検討してみましょう!

楽天モバイルとYモバイルの比較表

  楽天モバイル Yモバイル
月々の使用料 1880円(コミコミプランS) 1980円(スマホプランS)
2年目からの使用料

2980円(2年目)
2446円(3年目)

2980円
2年縛り あり あり
高速データ通信量 2GB 2GB
無料通話 国内5分間通話 かけ放題 国内10分以内の通話 300回
選べる機種 ZTE BLADE E01
  • iPhone5S
  • DIGNO E
  • AQUOS Xx-Y
  • LUMIERE
  • Nexus5X
通信回線 NTTドコモ SoftBank

楽天モバイルとYモバイルの差

簡単にまとめるとこのような感じになりますね!

 

料金がかなり近いので、あんまり変わりがないのかな…って思いますが、実は楽天モバイルとYモバイルの料金は全然違います。

 

楽天モバイルとYモバイルの料金差は端末料金

楽天モバイルはコミコミプランSの場合ZTE BLADE E01しか選択することができません。

 

他の機種が使いたいのになんで?って思いますよね〜。楽天モバイルの場合は月々の基本料金に端末代が含まれるのに対して、Yモバイルは端末代が含まれません。

 

なので、楽天モバイルは1880円で使うことができるのですが、Yモバイルの場合は1980円にプラスして端末代がかかってきます。

 

例えばAQUOS Xx-yを24ヶ月分割払いにする場合は4838円/月もかかってしまいます。

 

これが楽天モバイルとYモバイルの大きな違いですね。

 

楽天モバイルは基本料金を上げれば違う機種を使える

 

楽天モバイルは月2480円で「HUAWEI P9 lite」が月2,980円で7月下旬に発売される「FUJITSU arrows M03」高速データ通信が4GBになって使うことはできます。

 

楽天モバイルの場合は3機種からの選択になってしまいますが、この3機種の中で使えればいいという人であれば、楽天モバイルのほうが圧倒的にお得です!

 

楽天モバイルとYモバイルの通話料の差

 

楽天モバイルは5分間の国内通話が回数無制限で使用可能にるのに対して、Yモバイルは10分間の通話が300回です。

 

これは、普段の電話の使いかたでどちらがいいのか決まるので、買う人の生活スタイル次第ですね。

 

ただ、楽天モバイルの場合は楽天でんわというアプリを無料で使うと10円/30秒で使えるので、通話料は一般的なスマホの半額で使うことができるので、お得です!

 

ちょいちょい電話することが多い人は楽天モバイルがいいですね。

 

やっぱり楽天モバイル!

コミコミプランでも、格安スマホという枠を考えると楽天モバイルはよくできています。

 

格安スマホなので端末を含めて安く使えるということが1番重要になるわけです。スマホ本体コミでも1年目は最高2,980円で使えるのであればかなりいいですよね!

 

廉価版とはいえ最新機種が使えますから!

 

ただ2年目からはスマホ料金が高くなるということは理解しておかないと駄目ですし、24か月縛りがあることも忘れてはいけませんよ!