楽天モバイルの格安スマホで節約

楽天モバイルが格安スマホのデメリットを改善!

スマートフォンは日常生活の一部になり、手放せないアイテムの一つですよね!

 

電話、メール、調べ物、ゲーム、音楽が手のひらに収まる端末一つでできるわけなので、一度使うと手放すことはできないです。

 

ただ、ネックになってくるのがスマホ料金ですよね…。

 

LTEになり通信速度が上がって、スマホでネットをサクサク見ることができるようになったのですが、通信容量によって料金が別れるようになり、ヘビーユーザーでもそうでなくても、月々の携帯料金がどんどん高くなっていしまいますよね。

 

そんな時に活躍するのが楽天モバイル の格安スマホです!

 

楽天モバイルの格安スマホは、ドコモの通信回線を利用してスマホのサービスを提供しています。

 

通話・通信エリアがドコモのものが使えるで、安心感のある通信網を格安で使うことができるのがいいところですよね!

 

格安スマホの中でも特に、楽天モバイルが超おすすめです!

 

それは、格安スマホのデメリットをどんどん改善していっているのも関わらず低価格で使えるということです。

格安スマホのデメリットって何?

まずは、格安スマホの全体的なデメリットを紹介していきますね。

 

ドコモなどの回線を使えるのでエリアが広いというメリットはあるのですが、格安で使うことができる分欠点もあるのですよね…。

 

格安スマホを使ううえでのデメリットは必ず理解しておいた方がいいので、紹介します。

 

キャリアのメールアドレスが持てない

 

格安スマホは、@docomo.ne.jp などのメールアドレスを持つことができません。

 

そのためにGmailなど無料のメールアドレスを利用するしかないのですが、迷惑メール対策でPCメールを受信できないように設定している人が多いので、メールが届かなくなってしまう可能性がかなり高いです。

 

LINEなどでやり取りができればいいですが、そうでなければ、相手にドメイン指定受信をしてもらわないといけないなど、相手に手間がかかってしまいます。

 

無料通話のプランがない

 

各キャリアのスマートフォンを持つと、かけ放題だったり、無料通話がついていたりしますよね。

 

キャリアメーカーでも今の主流はかけ放題だと思うのですが、このような通話のお得なプランが設定されていませんでした。

 

そのために、格安スマホの場合は音声つきのSIMを買ったら、通話するたびにお金がかかることになります。

 

通信よりも通話が多いという人は格安スマホを選ぶと損になってしまうかもしれません。

 

通信速度がキャリアメーカーと比べると遅い

 

通信回線はキャリアメーカーのものを借りて使うことになるので、キャリアメーカーと比べると、速度が制限されるが可能性が高いです。

 

通信回線が混みあう場所や時間帯になると、ページの表示が遅くなってしまう可能性があります。

 

 

月額料金を安く利用できるのである程度は仕方のないことですね…。

楽天モバイルがデメリットを改善

そんな中楽天モバイルが格安スマホのデメリットを改善して、かなりおすすめの格安スマホメーカーになったので、楽天モバイルの素晴らしいところを紹介していきましょう!
楽天モバイルが解消したのは格安スマホの欠点の1つ、「無料通話がない」「通話定額がない」という通話の欠点をを改善したのです。

 

そのために作ったオプションが「5分かけ放題オプション」です。

 

5分かけ放題オプションとは

 

大手キャリアが展開しているサービスと同じようかけ放題サービスのようなものです。

 

オプションとして月々850円払えば、5分間であれば、追加料金がかからずにかけ放題になるというものです。

 

5分以内であれば通話し放題になるので、短時間の電話を多くする人にはおすすめおプランです。

 

5分を過ぎると通話料が必要になるのですが、その料金も、10円/30秒なので、キャリアメーカーのかけ放題とくらべても料金はお得です。

 

料金がお得になる秘密は、5分かけ放題を利用するには楽天でんわという無料アプリをダウンロードドする必要があるのです。楽天でんわを利用する必要があります。

 

楽天でんわについてはあとで詳しく解説していきます。

 

オプション850円も払ったら高いんじゃないの?

 

せっかくの格安スマホなのに、オプション料金を払ったら、結局はキャリアメーカーと変わらないんじゃないの…?

 

そんな疑問を持つ人もいるかもしれませんが、たとえ、850円を払ったとしても、料金はそれほど高くありません。

 

通話SIM3.1GBプランで、5分通話し放題のオプションを入れても2,450円(税抜)です。

 

格安プランの先駆けとして、話題になっていたSoftBankの格安プランですら4,900円も月額払うにも関わらず、通信料は1GBしかないのです。

 

それと比べると、楽天モバイルの格安スマホのほうがかなりお得なことがわかりますよね。

楽天メール(@rakuten.jp)でキャリアメールが使える!

 

格安スマホのデメリットはPCメールしか使えないから、キャリアメールにしかメールができなくなるということですね。

 

楽天モバイルはキャリアメールにもメールが送ることができる@rakuten.jpのアドレスを無料でもらうことができます。

 

専用アプリを使うことで、絵文字やデコメも送ることができます。

 

格安スマホのメールの弱点は大きかったので、このサービスは大きいですね!

楽天でんわって何?

かけ放題オプションを使うのにも必要なのが楽天でんわです。

 

楽天でんわは無料で提供される専用アプリを使って電話をすることで、音声通話の通話料が半額になるというものです。

 

通話の音質は大丈夫なの

 

料金が安いと心配なのが通話品質ですよね。

 

せっかく通話料金が安くても、話の最中にブチブチ切れたり、音質が悪くて聞き取れないなどの状況があると、使い物にならないですよね。

 

そこは安心してください!

 

楽天でんわは、IP電話と違い、パケット通信をするのではなく、電話回線を使用するので、IP電話のようにブツブツ通話が途切れることは少ないです。

 

楽天でんわは普通に使える

 

楽天でんわが安くなる仕組みは電話番号の頭に「0037-68-」を追加することで安く通話することができます。

 

その手間をアプリがしてくれるので、アプリを使えば普通の電話と同じ様に通話することができます。

 

相手にも自分の番号は090(080)〜通知されるので登録されていれば、名前などもちゃんと表示されるので、その点の心配もありません。

 

楽天でんわを使うことで無料で通話料がキャリアメーカーと比べると半額になるので、かなりお得ですね!

 

まとめ

楽天モバイルが通話とメールに関する新たなサービスを初めることで、格安スマホの欠点を少なくすることができました。

 

5分間のかけ放題プランがつくことで、通話がネックになって格安スマホに変えるのがちょっと…という人には格安スマホに持ち帰る敷居がかなりさがりました。

 

月々の通信費を抑えることが家計を浮かすことにもつながりますし、家族が多いと、月1万円は軽く浮かせます。

 

楽天モバイルはキャリアメールやかけ放題などのサービスもどんどん充実しています!楽天モバイルはかなりおすすめです!

 

 

楽天モバイルで節約